WAJIME MEMO (わ次目メモ)

行ったことについて、「わ」かったこと、「次」にすること、「目」的やメリットを書いてます。

【わ次目23】BuffaloのBluetoothキーボード(BSKKB15)

いつもお世話になっております。
メインマシンはSurface3 Proなんですが、何かいいキーボードはないのかと常にアンテナを張っております。まぁlogicoolのキーボードに大きな不満はないのですが、レシーバーを忘れてしまうリスクを考えると外で使うにはblurtoothのキーボードがいいのではないかという結論に達しました。

で、実はBuffaloの折り畳み式キーボード(BSKKB15)を持っておりました。
英語キーボードなのでキー配列が違うし、英語モードの必要性が買った当時はそれほどなかったので何だこれということでお蔵入りしておりましたが、レシーバーが必要なキーボードはリスクがあるので、必要に応じてこれを使ってみようかということで、このキーボードに関してわかったこと、次にすること+目的やメリットを書きたいと思います。

わかったこと

コンパクトでレシーバーを使わないのがいい。(レシーバーを忘れる必要がない)

キーボード自体は軽い(ケースが重い)

英語配列なのでキーに書いてある配列が違うため日本語モードの場合は苦労する。英語モードにすればそのキー配列になるけど・・・

CAPSLockキーを間違えて押しちゃうことが多い(再び押せば元に戻せます)SQLなどで英語モードで大文字入力にするときには便利ですけど・・・。

FキーはFn押さないといけない。

Enterキーが小さい。

全体的な実感として、プログラムのコードを入力するときなどで、英語モードにすれば何とか使えるのですが、それでもいろいろとストレスがたまるキーボードでした。(軽いのはいいけどね)

次にすること+目的

この折り畳みキーボードはスマホで(PCを帯同しない時に)使おうと思います。

Logicoolのキーボードは主に家で使うことにします。
(外で日本語入力を多めにするときは帯同)

PC用に買い替えます(て言うか、早速買い替えました)
買ったのはこちらのキーボードです。

スリーイー 3E キーボード Bluetooth対応 人間工学 フルサイズキーボード 3E-EXE2-BK

スリーイー 3E キーボード Bluetooth対応 人間工学 フルサイズキーボード 3E-EXE2-BK

 

わかったこと、次にすること+目的(わ次目)は後日書きます。
予告編をまず先にに書きます。
どうぞご期待ください!

ということで、今回はこのへんで・・・。
最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。