読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WAJIME MEMO (わ次目メモ)

行ったことについて、「わ」かったこと、「次」にすること、「目」的やメリットを書いてます。

『クルマのカギを失くした』をわ次目してみる。

まいど、Happyホワイトデーです。

今日は雨の関東地方ですね。
そして、1年前の今日も雨でした。何で覚えているかと申しますと、確定申告を提出した帰りに、クルマのカギを失くした日でもあるからです。

結構大きいものにもかかわらず、どこ探しても見つからなかったのですが(警察など自分の足跡をベースにいろいろ問い合わせてみました)、その1週間くらいしたあと、傘を差したらその日にさしていた傘の中からクルマのカギがポトリというオチでした。めでたしめでたし・・・では、わ次目にっきにならないので本題。

わかったこと

自分が失くした車のカギは、防犯性の高いイモビライザーという方式のカギでした。
ネットで調べたり販売店さんなどにどれくらいかかるのかを問い合わせたところ2万円とかするそうです。イモビライザー、恐るべしw
(特殊だもんな・・・)

次にすること+目的やメリット

  • なくなないために、そして失くしてもすぐにわかるようにクルマに乗るときは常に家のカギと一緒にまとめておく

なぜ失くしたのかを検証弁席したところ、その日は車のカギと家のカギを別個にして居り、

車を降りた→傘を閉じた→家のカギを取り出した→家のカギを開けた

という動作でした。結果論かもしれないけど、もし家のカギと一緒であれば傘ももっとかさばっていたので発見は早かったのではないかと思います・・・ということで車に乗るときは車のカギと家のカギを一緒にするということにしました。

  • 失くした時のために、予備のカギの場所をこまめに確認しておく

予備のカギって使う機会は非常に少ないと思います。
それ故にいざとなって見つからなかったりすることが結構多いのではないかと思います。自分の場合、所定の場所に車のカギを置かない時があって、その時は予備のカギをちょくちょく使っておりました関係上、幸いにもカギを失くしてもすぐに予備のカギで車を使うことができました。

今回はこのへんで・・・
最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

P.S

仕事のサイトもぜひ目を通していただけると嬉しいです。

www.winwin-brains.net