WAJIME MEMO (わ次目メモ)

行ったことについて、「わ」かったこと、「次」にすること、「目」的やメリットを書いてます。

【失敗】コーヒー牛乳でシリアルを食す【わ次目22】

いつもお世話になっております。

最近、シリアルがマイブームで、玄米フレークは大当たりで、オールブランは思ったより甘かった(まぁそれはそれでいいのですが)です。

で、シリアルは牛乳と一緒に食べるのですが、これってコーヒー牛乳でもいいんじゃないのと思い、オールブラン×雪印のコーヒー牛乳という組み合わせでトライしてみましたので、わかったこと、次にすること+目的やメリットについて書きたいと思います。

わかったこと

水に(コーヒーに)浮いているようでおいしくない。

コーヒー牛乳の成分のせいかもしれないけど、コーヒーにシリアルが浮いている感じでした。時間が経過すると水っぽいシリアルでした。

甘すぎた

オールブランの性質かもしれませんが、甘い×甘い=超甘いという悲惨な状況になりました。スピードワゴンの人に食レポしてほしいレベルでした。
コーンフロスト(コーンフレークに砂糖がかかっているもの)だと死ぬほど甘くなってたでしょうねw

次にすること(しないこと)+目的

シリアルには、限りなく牛乳なのかな?

コーヒー牛乳はあかんことがわかったので、シリアルには牛乳(または限りなく牛乳)にします。
限りなく牛乳というのは牛乳に水分を一切混ぜない。強いてやるとするなら粉末のコーヒーがティーパックを使った紅茶牛乳くらいではないかと思います。。

玄米フレーク×コーヒー牛乳は試していないけどおそらく同じような結果を導く可能性は高いでしょうね・・・ということで、今回はこのへんで。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

【わ次目21】リヒトラブ アクアドロップス・ツイストリングノート【予告編】

おひさしぶりです。

リヒトラブのアクアドロップス・ツイストリングノートを良さそうなので買ってみました。

f:id:wajime:20170607084901j:plain

買った決め手になったのはと申しますと・・・。

  • 26穴のルーズリーフと比べるとリングが小さくて持ち運びに便利そう。
  • 使った後は別途バインダーがあるので、バインダーへ保管できること。
  • 方眼掛けがある。

という点です。

わかったこと、次にすること+目的(わ次目)や、おススメできるかどうかについては後日書きます。

短いのですが、今回はこのへんで。。。
最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

 

【わ次目20】レイソルのことを書くよ

おひさしぶりです。
いつもたくさんの方にお越しいただき、誠にありがとうございます。

20作目なのでわ次目以外のことを書く予定だったのですが、イマイチいいネタがなかった・・・ということで更新が滞っておりました。まぁまだ欅坂46のぺーちゃんより更新ペースがいいんですけどねw

んーいろいろ迷っていたのですが、レイソルのことでも書くかな。

春先はグダグダでしたが、徐々に調子を上げて6連勝で首位と勝ち点1差というところまでたどり着きました。しかしながらまだ勝ち点24しかとっていない。
どういうことかというとACLの出場権である3位以内に入るためには勝ち点60くらいは必要で達成率4割。それ以前にJ1残留には勝ち点40(もう少し下になるかもしれないけど)必要で達成率は6割という状況・・・ということで上位にいるけど喜ばないことにしてます。
(でも動画くらい載せてもいいよね)

今年の柏レイソルのサッカーはとにかく見ていて楽しいです。
ボールを取りに行こうとする姿勢、そしてボールを取ってからゴールへ向かっていく迫力も勝ち負け以前に魅力的です。

これからの課題は、サブのメンバーがどれくらい実力をつけるか?
時間が経過するごとにスキが多くなっていくサッカーしているようではこの間ルヴァンカップ出ていたメンバーは厳しいかもしれないけど、これからの底上げに期待したいと思います。

統計のことで頭がいっぱいなので、今回はこのへんで・・・。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

【わ次目19】Rと統計を学んだ

いつもお世話になっております。
今回の記事はわ次目17の続編でございます。

GWは、甥っ子姪っ子と遊ぶ傍ら、いろいろな本を図書館でRと統計を勉強しておりました。その中でわかったこと、つぎにすること+目的を書いておきます。
(わ次目します)

わかったこと

RはR、統計は統計と別個にやるほうがわかりやすいのではないか?

Rによるやさしい統計学の第1部(第7章まで)やってみたけど、だんだんパニックになってきました。あまり頭に入らなかったです。あと、Excel統計学入門も図書館で借りて読みましたが自分にとっては内容が頭に入りにくかったです。

Rも統計も全く知らないという人であれば、この本のコードをきちんと実践すれば第1歩は踏み出せるのではないかと思います。
(統計をあまり意識せずRの操作に集中しましょう)

Rではじめるビジネス統計分析

Rではじめるビジネス統計分析

 

価格の割には内容が薄いし、統計を本格的にマスターするとなると、いろいろ買わなければいけない本も新しいのを買うのはお勧めしません。
(図書館で借りたり中古をブックオフでゲットすることをオススメします)

やり終えたらこの本を読むとよいかと思います。

統計のはなし―基礎・応用・娯楽 (Best selected business books)

統計のはなし―基礎・応用・娯楽 (Best selected business books)

 

 大村先生は数学界の池上彰と思えるくらい、わかりやすく統計のことを書いており、今まで積み重なった「なぜ?」が全部吹き飛びました。

(大村先生にはデータサイエンス数学のはなしを書いてくれないかな)

次にすること+目的

Rを操作できる人から、Rで何をやってることがわかる人になるために、この本も読んでみるとしよう。 

統計解析のはなし―データに語らせるテクニック (Best selected Business Books)

統計解析のはなし―データに語らせるテクニック (Best selected Business Books)

 

 今回はこのへんで・・・。
最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

仕事のほうのサイトも見ていただけると嬉しいです。

www.winwin-brains.net

 

 

 

【わ次目18】新しいルーターのUSB接続

いつもお世話になっております。

新しいルーター、USBポートがついておりいろいろ試してみましたのでわ次目してみました。
ちなみに使っているルーターはこちらです。

 わかったこと

USBハブ経由でもHDDなどの接続ができた。

  • 電源付きUSBハブを使って、USBハードディスクとUSBメモリを両方ドライブとして使うことができることがわかった。
  • 電源なしのUSBハブを使って、microSDカードリーダーの中のmicroSDカードも接続できることがわかった。

※おそらくすべて使えるとは限らないと思います。

つなげられたけど、手放しで喜べないことも

  • つなげっぱなしにしていると、USBハブが熱くなったり、HDDの音が気になったりするというデメリットもあることがわかった。
  • バイスの切り離しはブラウザの設定で行うことがわかった。
  • 認証の設定もできることがわかった

次にすること

  • 常時接続するなら、ちょっと大きめのSSDがいいのかもしれない。ちょっとした大きさのデータだけならUSBメモリでも。
  • 今のハードディスクは接続が必要なときだけ接続すればいい。
  • ハブを常時接続させるのなら、金属製で熱放出の優れているものがいいかもしれない。
  • そしてGoogleドライブにあるデータをはじめ、今保存してあるデータを見直してみること(何だかんだ言って結構入っていらないものもたくさんあるはず)

あ、そうそう・・・今度買うUSBハブはこれがいいのかな?
とりあえずご参考までにリンクを置いておきます。

AUKEY USB 3.0 ハブ 4ポート 分離式ケーブル アルミ製 (グレー) CB-H5

AUKEY USB 3.0 ハブ 4ポート 分離式ケーブル アルミ製 (グレー) CB-H5

 

 今回はこのへんで・・・。
最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

仕事のほうのサイトも見ていただけると嬉しいです。

www.winwin-brains.net

【わ次目17】R言語

いつもお世話になっております。

統計でおなじみのR言語(Rと省略されていることが多いので、以下Rとします)をちょろっとやってみましたので、わかったこと、次にすること+目的を書きます。
(わ次目します)

わかったこと

R自体はそんなに難しくないじゃん。

ちょろっとやっただけなので評価する段階ではありませんが、データを読み込ませて統計したりグラフ表示するだけだったらいたって簡単。食わず嫌いして損したレベルです。

数学や統計学がわかっていない人には難しいかな?

数学や統計学の知識がない人には疑問出まくり&拒絶反応出まくりの人がいるかもしれません。
幸運にも自分は過去にCFP試験(金融)の問題で統計関連の問題を解いていたのである程度はわかりますが、やや浦島太郎状態ではじめのうちは苦労しました。

必ずしもRじゃなくていいよね。

エクセルやNumpyなど他にもパソコンで統計の計算ができるものがいろいろあるので、Rでやってくださいと言われなければ無理して使わなくてもいいのかなと思っております。
(でも自分にとってそんなに難しいもじゃないから使えないより使えるほうがいいよね)

次にすること+目的

まずはデータを見て流れを見える化できる人になるために

RだのPythonだのデータサイエンティストのジャンル丸被りですが、ディープラーニングが自分にとってイメージがつかないジャンルなので、まずはデータを見て流れを見える化できることを究めていこうと思います。

Rを通じて、統計学の復習

基本的なことを押さえておこうと思うので、某サイトでオススメされた本のリンクを置いておきます。

Rによるやさしい統計学

Rによるやさしい統計学

 

 それとこの本も読んでおくことにしよう

統計のはなし―基礎・応用・娯楽 (Best selected business books)

統計のはなし―基礎・応用・娯楽 (Best selected business books)

 

 何冊か読んでみたことがありますが、大村さんの数学本はわかりやすいです。

最後に、Rとは違うのですが、読み終えたらこれを読みます。

ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ

ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ

 

 これ全部知ったらすごいだろうなってくらい、いろいろ書かれておるそうです。
現時点でそんなに大きなデータを扱わないからいらないのかも知れまいけど、将来のために読んでおこうと思います。

今回はこのへんで・・・。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

P.S.

仕事のほうのサイトも見ていただけると嬉しいです。

www.winwin-brains.net

 

【わ次目16】EOS Kiss Digital NのUSB接続

いつもお世話になっております。おひさしぶりです。
更新が遅れてしまったのはアップしなくてはいけない記事が下書きのままでした。すみませんw

実は先日、姪っ子たちに古いカメラ(EOS Kiss Digital N)を貸していろいろ写真を撮らせてみました。

その後データを見たかったのでコンパクトフラッシュカードリーダーが見つからず、PCにUSB接続してみて、わかったこと、次にしたこと+目的について書きます(わ次目します)

わかったこと

windows10ではUSB接続できない。(MACスマホでも接続できなかった)されど幸運にもこの部品があったので以下のような方法でUSB接続できました。

 持っていたのは、こちらの部品です。

変換名人 CFカード → 2.5
 

 ThinkPad X40をコンパクトフラシュで動作させようとしたときに買ったアダプターです。Windowsを起動させると劇遅だったためお蔵入りしておりましたが、復活するなんてw

次にすること

コンパクトフラッシュカードリーダーがないので、今後EOSは変換アダプターを使ってSDカードで使う。

※自分はPhotoFast SDHC to CF変換アダプター を使っておりますが、Amazonでとんでもない価格になっていたので、こちらの商品をリンクしました。

今あるコンパクトフラッシュカードは何らかのデータを保管しよう。

今回はこのへんで・・・。
最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

仕事のサイトもご覧いただけると助かります。

www.winwin-brains.net

おまけ

Audacityでアレンジ(乃木坂46の釣り堀のOff Vocal版のスピードを上げました)してみました。

youtube著作権の判断基準がわかんねぇ。。。
何でこれがOKであれがダメなの???